こだわりを詰め込んだ注文住宅を建てる|理想通りのマイハウスGET

住宅のミニチュア模型

隙間をなくして暖かい家

室内

最近、高気密住宅というものが注目されています。高気密住宅とは、その名の通り密度が高く隙間のない家のことです。もともとは寒さの厳しい北海道で普及が始まったものです。昔からの日本の家は、壁が少なく隙間の多い風通しのよい造りがほとんどでした。そのために、湿度の高い日本の夏を涼しく過ごせる反面、冬の寒さが厳しい地域では寒すぎてしまうのです。そこで、寒い地域では暖かく過ごせる家ということを第一に考えた、高気密住宅が広がり始めたというわけです。高気密の家は、熱がこもりやすく逃げにくいことが特徴です。夏場に気温も湿度も上がる地域には向かないのかというと、そうではありません。エアコンの冷気も熱と同じように逃がさないので、エアコンをさほど強くしなくても家の中の涼しさを保ってくれるのです。冬場はもちろん、隙間がない家ですので少ない暖房でより暖かく過ごすことが可能です。このことにより夏場も冬場も冷暖房の使用を減らすことができ、光熱費を節約することに繋がるのです。高気密住宅は、住宅展示場で実際に見ることができます。できれば夏場と冬場の両方見学に行って、室温がどのようになるのか体感するのがおすすめです。また、展示場には営業の方もいて詳しい説明を受けることができます。高気密住宅について疑問を解消できる機会でもあるので、疑問があれば積極的に質問するとよいでしょう。高気密住宅は熱とともに湿気がこもりやすくもなるので、寒い地域や乾燥した地域で家を建てる方におすすめの住宅と言えます。